Colorless Green Ideas の最新記事

このサイトについて
このブログは、ことばや数についての話を分かりやすく伝えることを目的としています。難しい内容を一般の人でも分かる形で伝えていきたいと考えています。

2016年

何語の文字列かを判定するためのRパッケージ

統計処理ソフト R の franc パッケージを使うと、どんな言葉の文字列かを判定することができる。

日本語版『APA論文作成マニュアル』の第2版は、原書の第6版の訳

アメリカ心理学会が出している論文執筆の手引書の原書第6版は、日本語訳本では『APA論文作成マニュアル 第2版』のというタイトルになっており、日本語版と原書で版の番号がずれている。

統計検定準1級を取るための勉強法

統計検定準1級を取るための勉強法として、対策に使える参考書などを紹介する。

エストニア語では「氷の縁」のことを jäääär と言う

エストニア語では「氷の縁」のことを jäääär と言い、文字の上部に点がたくさん並んだ形になる。

2016年9月の言語研究関連イベント

2016年9月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

日本語だとなんともないが、中国語になると発音が難しくなる日本人の名前

「赤池 治子」(あかいけ はるこ)が“Chìchí Zhìzǐ”(ツーツー ツーツー)になるように、中国語で音の違いを区別して発するのが難しい日本人の名前の事例紹介。

2016年のフランスのバカロレアの哲学の問題

2016年6月15日にフランスで行われたバカロレア(大学入学資格試験)の哲学の試験でどういう問題が出題されたかを紹介。

R の ave 函数

Rにおける ave 函数の使用法についての説明。この函数は、グループ分けした上で、何か計算をするときに有用である。ただし dplyr パッケージの方が同様のことができる上、分かりやすく書ける。

2015年12月の深圳の土砂崩れ事故にまつわる中国語表現

2015年12月に深圳で起きた土砂崩れ事故を中国語メディアがどのような単語で表現したかについてのまとめ。何が崩れたかについての表現も異なっている。

2016年8月の言語研究関連イベント

2016年8月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

2016年7月の言語研究関連イベント

2016年7月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

東京工業大学と接吻数

東京工業大学のキャンパス最寄り駅の駅ナンバリングは、素数ではないが、接吻数と縁がある。

Rのプログラミング言語的側面を学びたい人のための『みんなのR』

『みんなのR』という本は、Rのプログラミング言語的側面を勉強したいという初心者には有用である。

中国語で『論語』は何というか

中国語で『論語』の「論」の字は普通の読み方とは違う読み方をする。

2016年6月の言語研究関連イベント

2016年6月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

Rのバージョン3.3.0がリリース

統計処理言語の R のバージョン3.3.0が、2016年5月3日に公開された。この新リリースでの主な変更点について解説する。

講談社現代新書『2020年の大学入試問題』の問題点

2020年に向けた日本の大学入試改革について論じた講談社現代新書の『2020年の大学入試問題』という書籍は、誤りが多く、今後の大学入試について論じるときの使用にたえない。

これから数学を学ぼうと思った人のための読書リスト(2016年4月版)

数学の学び方や考え方に触れられる文献の紹介。

英語で「名誉教授」は何というか

英語で「名誉教授」は“professor emeritus”または“emeritus professor”という。性と数によって、“emeritus”の語形が変わることもある。

オープンアクセスの学術書を見つけるためのウェブサイト

オープンアクセスの学術書を見つけるときに有用な DOAB というウェブサイトの使い方など。
古い記事へ→