2023年の素数な日付

概要
2023年の素数な日付のリスト。西暦だけでなく、令和で考えたときの日付も。

はじめに

もうすぐ2023年である。2023は素数ではない。2023 = 7 × 17 × 17 なので合成数である。

ちなみに、2023はハーシャッド数である。ハーシャッド数とは、すべての位の数字を足し合わせたものが、もともとの数の約数になるような数のことだ。2 + 0 + 2 +3 = 7 であり、7は2023の約数なので、2023はハーシャッド数であるというわけだ。なお、2022から2025まで全部ハーシャッド数だ。詳しくは、「2022 はハーシャッド数」という記事をご覧いただきたい。

さて、2023年(令和5年)の素数な日付のリストを挙げたいと思う。素数な日付とは何かと言うと、年月日をまとめて1つの数字にしたときに、素数になるような日付のことだ。例えば、2023年08月31日をまとめて20230831という1つの数字にする。20230831は素数なので、この日は素数な日付だというわけだ。

西暦

西暦の年月日をまとめて1つの数字にしたときに素数となる日付は、2023年(令和5年)には18個存在する。

2023年の素数な日付は18個ある。素数な日付同士で凄惨な争いをしたりはしないはず。ただし、割り切れない思いにはなるかもしれない。
2023年の素数な日付は18個ある。素数な日付同士で凄惨な争いをしたりはしないはず。ただし、割り切れない思いにはなるかもしれない。

和暦

和暦の年月日をまとめて1つの数字にしたときに素数となる日付は、2023年(令和5年)には31個存在する。最初は元日(令和5年01月01日 → 50101)である。そして、令和4年12月31日 → 41231 も素数なので、年越しの連続素数日になる。

なお、西暦でも和暦でも素数になるのは、08月03日 (20230411, 50411) と12月03日 (20231203, 51203) の2回である。