研究に関する記事

このカテゴリについて
物事を研究するときに役立つ情報について。

2017年

2016年

地方国立大の人文系などの縮小と地域間格差の拡大という問題

地方国立大で人文系などを縮小すると、その大学のある地域で高度な専門家にアクセスしにくくなるというデメリットが生じる。このことによって、その地域が大都市部に比べて不利になり、地域間格差が拡大しかねない。

【記事紹介】大学は学術界の外での人生に向けて若手研究者に準備させるべきだ

若手研究者で学術界以外に進む人が多いことを鑑みれば、大学はそうした進路に進むことを想定した準備をさせるべきだという主張の論説記事の紹介。

LaTeX でサーカムフレックス (^) の後の空白をしっかり出力する

LaTeX でサーカムフレックス (^) の後の空白がうまく出力できない場合は、\textasciicircum の後に波括弧を入れるか、\verb や okumacro パッケージの \mytt という命令を使えば良い。

プレゼンテーションを台無しにする13ヶ条

プレゼンテーションを台無しにしてしまう反面教師的なアドバイスの紹介と、どうすれば良いプレゼンとなるかについての解説。

MacTeX インストール済みの状況で新しい MacTeX をインストールする

Mac 用の TeX 統合環境 MacTeX について、すでに MacTeX 2015 がインストールされている状況で MacTeX 2016 を入れるときのやり方の説明。

日本語版『APA論文作成マニュアル』の第2版は、原書の第6版の訳

アメリカ心理学会が出している論文執筆の手引書の原書第6版は、日本語訳本では『APA論文作成マニュアル 第2版』のというタイトルになっており、日本語版と原書で版の番号がずれている。

オープンアクセスの学術書を見つけるためのウェブサイト

オープンアクセスの学術書を見つけるときに有用な DOAB というウェブサイトの使い方など。

中国学研究者の中国語名と欧文名の対照表

中国学研究者の中国語名と欧文名が対照できる表が米国のアジア研究協会から出ている。

文系博士後期課程院生の就活から3年

就職してから3年経った時点の経験をもとに、文系博士後期課程院生の就活を振り返ってみた文章。

卒論提出直前に気をつけるべきこと

卒論提出直前にはファイルのバックアップや印刷手段の確保をしっかりしておこう。

2015年

2000冊以上のフランス語学術書などが無料で読めるウェブサイト

OpenEdition Books というウェブサイトでは、フランス語の人文社会系の学術書を中心に2000冊以上の書籍が無料で読める。

「彼はモンゴル語を研究しているからロシア語ができる」

言語学者は、研究対象となる言語とは別に、研究上必要になる言語を習得することがある。

LaTeXの縦書き右綴じの文書をPDFにしたときに、うまく見開き表示するための方法

LaTeX で縦書き右綴じの文書を作る場合、hyperref パッケージで pdfdirection を R2L に設定すれば、PDFにしたときにきれいに見開き表示できる。

2015年のノーベル医学・生理学賞受賞者の屠呦呦氏の名前と中国古典

2015年にノーベル医学・生理学賞を受賞した屠呦呦氏の「呦呦」は、中国最古の詩集『詩経』の「鹿鳴」という詩に由来する。この詩には鹿がヨモギを食べる描写があり、これは偶然にも屠呦呦氏がヨモギの一種からマラリアに効く成分を発見したことに符合する。

東京オリンピックのエンブレム問題とSTAP細胞問題に共通した構造

東京オリンピックのエンブレム問題とSTAP細胞問題には、(1) 内輪を向いた専門的な業界人たち、(2) 肥大化する外部からの指摘、(3) 専門性を制御できない管理者という共通した構造がある。

質的研究なら簡単にできるという幻想

「質的研究ならば、量的研究と違って数式や統計の知識がなくてもできるから簡単だ」と考える人がいる。こう考えるのは適当ではない。質的研究を行う際にはしっかりとした方法論を身につける必要があり、それは決して簡単なことではない。
古い記事へ→