twitter→ɹəʇʇɪʍʇのように英数字を180度回転して表示する方法

概要
twitter→ɹəʇʇɪʍʇのように英数字を180度回転する際に役立つ情報を掲載。この他、TeXで文字を回転して表示する方法についても。

どうやって180度回転するか

“twitter”を“ɹəʇʇɪʍʇ”に、“7-11”を“⇂⇂-L”にするように、英数字を180度回転させて面白おかしく見せるという遊びがある。これは、英数字をひっくり返した形とよく似た文字を使っている。例えば、“M”を実際にひっくり返すかわりに、これをひっくり返した形によく似ている“W”を用いるのである。

自分でひっくり返した形を見つけるのは面倒だろう。だが、簡単に180度回転ができるウェブサービスが提供されており、これを使えばすぐにひっくり返してみせることができる。また、この記事に、英数字をひっくり返した形とよく似た文字の一覧を付けたので参考にしていただければ幸いである。

なお、ひっくり返した形とよく似た文字を使うのは、あくまでもお遊び [1] である。真面目な目的 [2] があって文字を180度回転させたいのなら、別の方法を用いるべきである。例えば、この記事の末尾にTeXを使って文字を回転させる事例を挙げたので参照されたい。

自動的に180度回転を行うウェブサービス

英数字を180度回転して表示できるウェブサービスを2つ紹介しよう。これらのウェブサービスを使うと、簡単に“twitter”を“ɹəʇʇɪʍʇ”のように改めることができる。いずれも英語で書かれているウェブサイトだが、入力欄に英数字を入れれば良いだけなので、英語が分からなくても問題なく使えるだろう。

180度回転した出力は各サービスで微妙に異なる。例えば、以下の英大文字・英小文字・数字・句読点を変換してみる。

ABCDEFGHIJKLM

NOPQRSTUVWXYZ

abcdefghijklm

nopqrstuvwxyz

0123456789

.,-:!?&

Rot180 encorderの場合、次のように出力される。(2013年1月26日:誤字修正)

⅋¿¡:-‘˙

68L9ᔕ⇁⃓εჷ⃓,0

zʎxʍʌnʇsɹbdou

ɯƮʞſ̣ᴉɥɓɟǝpɔqɐ

Z⅄XMΛᑎ⊥SȢԾdON

Ɯ⅂丬ſ̲IH⅁ℲƎpƆϴᏌ

Lunicodeの場合、次のように出力される。

⅋¿¡:-‘˙

68ㄥ9ގㄣƐᄅ⇂0

zʎxʍʌnʇsɹbdou

ɯlʞɾıɥɓɟǝpɔqɐ

Z⅄XMΛ∩⊥SᴚΌԀON

W˥⋊ſIH⅁ℲƎᗡƆᙠ∀

各々納得のいく回転とそうでない回転があると思う。両者の結果を合わせたり、以下に記す英数字を180度回転した例の表を参考にしたりしながら、自分が好きな組み合わせにすれば良いだろう。

英数字を180度回転した例

以下では、個別の英数字を180度回転した形と合致あるいは類似する文字を紹介する。1つの文字に対して複数の候補を挙げた場合もある。

表中で難しい用語はWikipedia日本語版にリンクを貼ってあるので、そちらの説明を参考にしていただきたい。なお、表中にあるIPAとは、国際音声記号 (International Phonetic Alphabet) のことである。(2013年2月2日追記:表の誤字を訂正し、表に若干の文字を追加した。)

英大文字

英大文字を180度回転した例
元の形回転後の形回転後の形は本来どういう字かUnicode
A論理学などで全称量化子U+2200
Aカナダ先住民文字の1つU+15C4
Bカナダ先住民文字の1つU+15FA
Cアンチシグマと呼ばれ、かつてラテン語でPSの音を示すのに用いられた(大文字)U+2183
CƆアフリカの言語の表記に用いられることがあるU+0186
Dカナダ先住民文字の1つU+15E1
E論理学などで存在量化子U+2203
Eカタカナのヨ(よ)U+30E8
E小書きのカタカナのョ(ょ)U+30E7
EƎパンナイジェリア文字で使用U+018E
Fディガンマ・インウェルスムと呼ばれ、かつてラテン語でWの音を示すのに用いられた(大文字)U+2132
Fディガンマ・インウェルスムと呼ばれ、かつてラテン語でWの音を示すのに用いられた(小文字)U+214E
Fカナダ先住民文字の1つU+15B5
Gグルジア文字のჹをローマ字に転写するときに使用U+2141
HHローマ字のH(エッチ)U+0048
IIローマ字のI(アイ)U+0049
JɾIPAで歯茎はじき音U+027E
JՐアルメニア文字のՐ(レー、大文字)U+0550
Jſローマ字の長いs(エス)U+017F
Jカナダ先住民文字の1つU+148B
K「壮」や「将」といった漢字の部首で、「しょうへん」と呼ばれるU+4E2C
L用法不明U+2142
Lリス語を表記するフレイザー文字で非円唇後舌狭母音を表すU+A780
Lカナダ先住民文字の1つU+14A3
MWローマ字のW(ダブリュー)U+0057
NNローマ字のN(エヌ)U+004E
OOローマ字のO(オー)U+004F
Pdローマ字のd(ディー)U+0064
PԀかつてコミ語を表記するキリル文字で使用(大文字)U+0500
QΌギリシャ文字のΟ(オミクロン)に鋭アクセント記号をつけたものU+038C
R昔のIPAで無声口蓋垂摩擦音U+1D1A
Rカナダ先住民文字の1つU+1588
SSローマ字のS(エス)U+0053
T垂直記号U+22A5
T歯科表記記号の1つU+23CA
U集合の積U+2229
UՈアルメニア文字の(ヴォー、大文字)U+0548
Uカナダ先住民文字の1つU+144E
VΛギリシャ文字のΛ(ラムダ、大文字)U+039B
Vカナダ先住民文字の1つU+1431
Vクメール易学用数字記号で1を表すU+17F1
WMローマ字のM(エム)U+004D
Wクメール易学用数字記号で3を表すU+17F3
XXローマ字のx(エックス)U+0058
Y用法不明U+2144
ZZローマ字のZ(ゼット)U+005A

英小文字

英小文字を180度回転した例
元の形回転後の形回転後の形は本来どういう字かUnicode
aɐIPAで中舌狭めの広母音U+0250
bqローマ字のq(キュー)U+0071
cɔIPAで円唇後舌半広母音U+0254
cかつてラテン語でPSの音を示すのに用いられた(小文字)U+2184
dpローマ字のp(ピー)U+0070
eəIPAで非円唇中舌中央母音U+0259
fɟIPAで有声硬口蓋破裂音U+025F
gɓIPAで両唇入破音U+0253
gбキリル文字のб(ベー、小文字)U+0431
gグルジア文字のჹをローマ字に転写するときに使用U+1D77
hɥIPAで有声両唇硬口蓋接近音U+0265
iɪIPAで非円唇前舌広めの狭母音U+026A
i!感嘆符U+0021
iıトルコ語で非円唇後舌狭母音を表すU+0131
iベトナム語でIに声調記号をつけたものU+1ECA
iウラル語族の言語の音を表記するときに使用U+1D09
jɾIPAで歯茎はじき音U+027E
jſローマ字の長いs(エス)U+017F
kʞ昔のIPAで軟口蓋吸着音U+029E
llローマ字のl(エル)U+006C
lかつてウェールズ語の無声側面摩擦音を表したU+A781
mɯIPAで非円唇後舌狭母音U+026F
mաアルメニア文字の(アイブ、小文字)U+0561
nuローマ字のu(ユー)U+0075
ooローマ字のo(オー)U+006F
pdローマ字のd(ディー)U+0064
qbローマ字のb(ビー)U+0062
rɹIPAで歯茎接近音U+0279
rチェロキー文字でdiの音を表すU+13D7
ssローマ字のs(エス)U+0073
tʇ昔のIPAで歯吸着音U+0287
unローマ字のn(エヌ)U+006E
vʌIPAで非円唇後舌半広母音U+028C
vチェロキー文字でdoの音を表すU+13D9
wʍIPAで無声両唇軟口蓋摩擦音U+028D
xxローマ字のx(エックス)U+0078
yʎIPAで硬口蓋側面接近音U+028E
zzローマ字のz(ゼット)U+007A

数字、句読点等

数字、句読点等を180度回転した例
元の形回転後の形回転後の形は本来どういう字かUnicode
00アラビア数字の0(零)U+0030
11アラビア数字の1(一)U+0031
1下向きの矢印U+21C2
22アラビア数字の2(二)U+0032
2Ƨ1957年のチワン語アルファベットで第2声調を表すU+01A7
2カナダ先住民文字の1つU+1614
2ハングルのㄹ(リウル)U+3139
3εギリシャ文字のε(イプシロン、小文字)U+03B5
4ܛシリア文字のܛ(テット、基本形)U+071B
4߈ンコ文字の8(八)U+07C8
55アラビア数字の5(五)U+0035
5Sローマ字のS(エス)U+0053
69アラビア数字の9(九)U+0039
7Lローマ字のL(エル)U+004C
7注音符号でengを表すU+3125
88アラビア数字の8(八)U+0038
96アラビア数字の6(六)U+0036
.˙上ドットU+02D9
,アポストロフィU+0027
,左シングル引用符U+2018
ハイフンマイナスU+002D
::コロンU+003A
;؛アラビア語のセミコロンU+061B
!¡逆感嘆符(スペイン語などで使用)U+00A1
?¿逆疑問符(スペイン語などで使用)U+00BF
&乗法的論理和U+214B

付録:TeXで文字を回転して表示する

TeXで文字をひっくり返して表示することはとても簡単である。以下 [3] に示すように、graphicxパッケージを読み込んだ上で、\rotateboxを使えば良い。なお、origin=c は文字列の中心を回転の中心とすることを意味する。また、180 は回転する角度を指定している。

\documentclass{article}
\usepackage{graphicx}
\begin{document}
   \rotatebox[origin=c]{180}{Upside Down!}
\end{document}

出力結果は以下のようになる。

TeXのgraphicx パッケージの 
otatebox を使って文字を180度回転させた例
TeXのgraphicx パッケージの otatebox を使って文字を180度回転させた例

TeX の要素として使えるものなら大体回転できるはずである。日本語の文字も問題なく回転できる。

なお、これより詳しい説明を「TeXで文字を180度回転する方法」というPDFファイルに書いたので参考にしていただければ幸いである。

脚注
  1. 人間の眼からすると、“ɹəʇʇɪʍʇ”が“twitter”をひっくり返したものだということはすぐに分かるが、計算機にとっては“ɹəʇʇɪʍʇ”は“twitter”と関係があると認識できない。計算機が認識できない形だと、検索もできないし、情報を活用する際に困ってしまう。 []
  2. 対面して行うボードゲームのルールの説明の時など。 []
  3. 以下の例では、documentclass を article としているが、日本語を使いたければ適宜 jarticle などに変更すること []