言語に関する記事

このカテゴリについて
ことばについて、主に言語学的な視点から。

2016年

2016年7月の言語研究関連イベント

2016年7月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

中国語で『論語』は何というか

中国語で『論語』の「論」の字は普通の読み方とは違う読み方をする。

2016年6月の言語研究関連イベント

2016年6月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

英語で「名誉教授」は何というか

英語で「名誉教授」は“professor emeritus”または“emeritus professor”という。性と数によって、“emeritus”の語形が変わることもある。

2016年5月の言語研究関連イベント

2016年5月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

2016年4月の言語研究関連イベント

2016年4月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

『古語大鑑』の出版時期

日本語古語辞典『古語大鑑』の当初の刊行予定と現状についての説明。

MCMCは何の略か

MCMCという語は統計の分野でよく使われる略語であるが、他の分野で別の意味の略語として使われることもある。

orange という英単語と完全に韻を踏む単語はなかなかないという話

orangeという単語の発音と、英語の韻についての話。

2016年3月の言語研究関連イベント

2016年3月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

2016年2月の言語研究関連イベント

2016年2月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

2015年

2016年1月の言語研究関連イベント

2016年1月に日本国内で開催される言語学・言語教育に関する研究会・シンポジウムなどの紹介。

宮島達夫の業績

日本語の語彙研究や計量日本語学研究で知られる宮島達夫の業績の紹介。

「凸」・「凹」という漢字を使った人名

日本において「凸」・「凹」という漢字を含む実在する人名の紹介。

「仕様であってバグではない」の英語での言い方

英語では“It’s a feature, not a bug.”といった言い方で「仕様であってバグではない」ということを示すことができる。

当事者よりも熱心であったり強硬であったりすることを示すフランス語の表現

フランス語では「国王より王党派的である」、「教皇よりカトリック的である」という表現で当事者よりも熱心であったり強硬であったりすることを示せる。

工口な甲骨文字

字形が工口である甲骨文字が存在する。

「彼はモンゴル語を研究しているからロシア語ができる」

言語学者は、研究対象となる言語とは別に、研究上必要になる言語を習得することがある。

Unicodeでのジェンダー記号

Unicodeに含まれるジェンダーや性的指向に関する記号の紹介。

「遷」の旧字体

戦前の日本の明朝体活字での「遷」は、現代の字体で「己」となっている部分を「巳」にするものがほとんどであり、たまに「⺋」とするものがあった。
←新しい記事へ古い記事へ→